脱毛後のケア

脱毛後のケアにはどのようなことが必要なのでしょうか。まず脱毛後は患部をしっかりと保湿し、乾燥をさせないことが必要となります。脱毛の施術により、肌には負担がかかっている状態ですし、あまりごしごしとこすりすぎると、赤くなってしまったり、炎症を起こしてしまったりする可能性があります。このため、脱毛後は保湿ジェルなどをきちんと塗ったり、クリニックで薬を処方されているという場合には、薬をきちんと塗るようにしましょう。サロンによっては、保湿ジェルなどを購入するケースもあります。

また、脱毛後には、入浴の際にも強くこすったりしないようにして、サウナなどは避けておくことが大切です。レーザー脱毛の場合には、入浴も禁止されることがありますので、事前に確認をするようにしましょう。さらに、脱毛後には、日焼けなどは厳禁となります。日焼けをしてしまったりすると、肌トラブルにつながる可能性があります。このため、日焼けをしないように心がけましょう。

プールや海などにはいかないようにするなどの工夫が必要ですし、どうしても日焼けをしそうな場合には、日焼け止めや、UVカットのクリームなどを塗るなどをして、日焼けをしないように気を付けるようにしましょう。

針脱毛について

針脱毛という脱毛方法があります。こちらの針脱毛の特徴として、まず、針を毛穴にさし、そして電流を流すという方法になります。電流を流すことで、毛母細胞に直接働きかけることができ、そして脱毛を促す、という仕組みになります。こちらのニードル脱毛は、フラッシュ脱毛や、レーザー脱毛とは違い、毛を少し生やした状態で施術を行います。このため、事前の自己処理が必要がない、という点が特徴です。

針脱毛では、直接電流を流し、毛穴に働きかけることができるということで、歴史のある脱毛方法です。また、効果も永続的であり、脱毛方法の中でも医療機関で行われている施術法です。しかし、こちらの針脱毛は、ニードルを用いて、そしてそれを肌にさし、電流を流しますので、痛みを伴います。このため、痛みに弱い方にはおすすめできない、といわれています。またニードル脱毛は、ほかの施術方法とは違い、時間がかかるというのがデメリットです。一度の施術に時間がかかりますので、長く通い続けなければならない、ということなども大きなデメリットです。このため、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛と比べるとデメリットもあるということを頭に入れておきましょう。

永久脱毛の基礎知識

永久脱毛についてですが、まずは、脱毛には、一時的な脱毛、そして永久脱毛、の二種類があります。こちらの永久脱毛は、毛が再生するといった仕組み自体を破壊するということで、完了するため、毛の発育等に係る毛母細胞、毛乳頭、そして立毛筋などといった組織などをレーザーや光照射などで破壊します。そして、以後、永久的に、毛が生えないようにするという方法になります。

普段、自宅でお手入れをして、自己処理をしているという方は、「一時的な脱毛」といわれており、常に自己処理をする必要があります。しかし、美容皮膚科などのクリニックで行われている永久脱毛の場合には、毛の発育に関する組織を破壊することができるため、自己処理をする必要がなくなります。

ここで気を付けなければいけないのが、永久脱毛には、完全性はない、といわれており、完全に毛が生えてこないようにするということは極めて難しい、といわれています。これはホルモンバランスなどの変化により、また毛が生えてくるという可能性もありますし、また、医療レーザー脱毛の歴史というのは意外と浅いので、統計が取れていない、ということなどもあります。

また、永久脱毛の場合、普通のムダ毛には効果的ですが、白髪、うぶ毛などには反応しにくい、といわれており、これらをすべて完全に除去するというのは難しい、といわれています。永久脱毛というと、永久に効果があるのではないか、とイメージしている人もいると思いますが、実はそうではないのです。