永久脱毛の基礎知識


永久脱毛についてですが、まずは、脱毛には、一時的な脱毛、そして永久脱毛、の二種類があります。こちらの永久脱毛は、毛が再生するといった仕組み自体を破壊するということで、完了するため、毛の発育等に係る毛母細胞、毛乳頭、そして立毛筋などといった組織などをレーザーや光照射などで破壊します。そして、以後、永久的に、毛が生えないようにするという方法になります。

普段、自宅でお手入れをして、自己処理をしているという方は、「一時的な脱毛」といわれており、常に自己処理をする必要があります。しかし、美容皮膚科などのクリニックで行われている永久脱毛の場合には、毛の発育に関する組織を破壊することができるため、自己処理をする必要がなくなります。

ここで気を付けなければいけないのが、永久脱毛には、完全性はない、といわれており、完全に毛が生えてこないようにするということは極めて難しい、といわれています。これはホルモンバランスなどの変化により、また毛が生えてくるという可能性もありますし、また、医療レーザー脱毛の歴史というのは意外と浅いので、統計が取れていない、ということなどもあります。

また、永久脱毛の場合、普通のムダ毛には効果的ですが、白髪、うぶ毛などには反応しにくい、といわれており、これらをすべて完全に除去するというのは難しい、といわれています。永久脱毛というと、永久に効果があるのではないか、とイメージしている人もいると思いますが、実はそうではないのです。